つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

PSVTへの対応

PSVTへの対応(memo)

 

発作性上室頻拍(PSVT:paroxysmal supraventricular tachycardia)

 

・PSVTとは房室結節や副伝導路などを介するリエントリーによる上室性の頻拍の総称。色んなタイプがある。

・症状は突然発症する動悸、重症例ではめまいや意識消失も起こる。

・20代など若年に多い、高齢者に少ない。

・心房細動や心房粗動のように心不全になることは稀。よっぽど心機能低下してない限り焦る必要はない。

・心電図上の特徴はnarrow QRS、P波なし(QRSに埋もれるため)、 regular tachycardia(140-220回/ 分)

 

【PSVT心電図の一例】

f:id:tsunepi:20170623221106p:plain

画像参照:https://nurseful.jp/career/nursefulshikkanbetsu/cardiology/section_1_03_01/

 

 

・頻脈を抑えるためには以下の迷走神経刺激法を試す。

1、バルサルバ手技:吸気時に息をこらえる。すると胸腔内圧が上昇し、圧受容体が刺激されて迷走神経刺激となり脈が下がる。

2,頸動脈圧迫法:頸動脈を圧迫することで、圧受容体が刺激され、迷走神経が刺激されて房室伝導が抑制される。結果脈が下がる。が、動脈硬化の強そうな患者でやると脳への血流が遮断されて失神しうるので注意。頸動脈の血管雑音がないか確認しておく。

・ 迷走神経刺激法で効果なければ・・・

 

第一選択薬:ワソラン®

(どんな原因のPSVTでも基本的に第一選択はワソラン)

【メリット】

作用が用量依存的で効果を予想しやすい

多くのPSVTは房室結節をリエントリー回路に含むので大体の場合効果がある

【デメリット】

ワソランには血管拡張作用もある。が、多くの健常人では血圧が低めでもワソランをゆっくり投与すればワソラン10mgまでは大丈夫。ワソラン5mg2アンプルを生理食塩水20mlに溶かして そのうちの半分を5分かけて投与する。もし頻脈が途中で停止すれば無理して全部いれる必要はない。

 

☆もしワソランをゆっくり入れたけど効果が無かったら…

→本当にPSVTだったのか?心房頻拍や房室伝導比2:1の心房粗動などの可能性はないか??

 

第二選択薬:アデホス®(ATP急速静注)

PSVTを強く疑っているにも関わらずワソランが効かない時に用いる。ワソラン後、時間を空けずに用いても良い。またワソランは低血圧患者には使いにくいのでそのような場合にもアデホスを最初から用いても良い。

ATPもワソラン同様房室伝導をブロックし、房室結節をリエントリーに含む頻拍は全て停止させられる。代謝が早いために急速静注しなければ意味がない。生理食塩水に希釈して5mlとして側管からフラッシュで入れる。その後、静脈にちゃんと入るように生理食塩水5mlをフラッシュで入れる。ATP20mgまで徐々に増量していく。

 

【デメリット】

・気管支攣縮や冠動脈攣縮を誘発する。喘息患者や虚血性心疾患ある患者には使わない。また、ATP急速静注後に10−20秒の胸部不快感が出現する。事前に説明必須。

 

また追記更新します。