つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ISO感度とは(メモ)

ISO感度とは

 

国際標準化機構(ISO)で決められているフィルム感度の設定値をイメージセンサーで用いるデジカメでも同等に再現できるように適合させた数値。

 

ISO100からISO200にすれば感度は2倍になるが電気信号も2倍。光の量は半分で適正露出となる。撮影におけるメリットとして暗い場所で明るく取れる、対象がぶれないなど。

ISO感度を2倍に上げると少ない光の量で適正露出となるためシャッタースピードも短くなる。つまり短時間で十分量の光を集めることが出来るので動きの早い対象を撮影する場合は感度を上げればブレずに撮影できる。

 

が、感度が高いということは逆に小さな光も増幅させてしまうのでノイズの原因となりISO感度は上げれば良いというものではない。