つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

QRS低電位差の定義と原因

スポンサードリンク



QRSの振幅(基線から上下の差)が異常に小さくなっていることを低電位差という

(下の心電図イラストで言えばa+bの値が小さくなっているときのこと)。

 

f:id:tsunepi:20170402063114p:plain

 

判定基準としては次の通り

・肢誘導の全てで5mm(0.5mV)未満の時を肢誘導の低電位差

・胸部誘導の全てで10mm(1mV)未満の時を胸部誘導の低電位差

 

 低電位差の原因としては心筋梗塞や心筋炎などの心筋の起電力が低下している場合、心膜液貯留、粘液水腫、胸水貯留、肺気腫、肥満などがある。

肢誘導と胸部誘導の両方で低電位が認められれば上記のような原因が考えられるが、肢誘導のみであれば心臓の位置や体格などによっても出現するので病的とは言えず、健常人でも出現しうる。