つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

肺炎疑いで胸部CTを取るべきかどうか

肺炎が疑われる患者において胸部CTの適応は?

 

肺炎の診断は

◯臨床症状(咳、痰、呼吸苦など)

◯血液検査(WBCやCRPなど炎症反応の上昇)

◯画像検査(X線やCTでの肺炎像)

◯抗原検査(肺炎特異的な尿中抗原、喀痰抗原)

などを合わせて行われる。

 

つまり画像検査としてはCTは必須でなく、レントゲンで肺炎像が認められればOKなのである。市中肺炎診療ガイドラインでも肺炎の診断において「レントゲンあるいはCTにおける浸潤影」と書いてあり必ずしもCTが必要とは書かれていない。

現実的には救急外来などでバタバタしていると「とりあえずCT」となってしまうことが多いが、本来は侵襲性の低いレントゲンから撮影するべきである。自分の周りをみると呼吸器内科の先生はレントゲンだけで診断していることが多いが、他の診療科の先生はやはり専門でない分オーバートリアージ気味にCTまで取っている印象。

 

CTを取るべき状況(『内科研修の素朴な疑問に答えます』参照)

・肺炎を疑うが、単純レントゲンで肺炎像が見られない場合

・肺炎以外にも心不全など他の病態も考えられる場合

・レントゲンで胸水貯留や空洞病変が見られる場合

・肺炎を疑うが肺がんなど他の基礎疾患の存在も疑われる場合

 

CTの方がもちろん肺炎像はわかりやすいが肺炎の診断という点においてはそれ以上の情報はない。例えば原因微生物をCTから判断することなどは出来ないのである。以前は大葉性肺炎か気管支肺炎で原因菌を推定できると考えられていたが現在では否定されている。原因菌の推定には喀痰抗原や喀痰培養を用いる他ない。