つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

小児の頭部外傷でCTを取るべきかどうか

小児の頭部外傷でCTを取るべきかどうか

 

イギリスのNICEガイドラインによると以下の場合を頭部CTの適応と定めている。

【NICEガイドライン:national institute for health and clinical health excellence】

1、5分以上の意識消失

2、5分以上の健忘

3、嗜眠傾向

4、連続しない3回以上の嘔吐

5、虐待の疑い

6、外傷後の痙攣

7、GCS14未満(1歳未満は15点以下)

8、開放骨折、陥没骨折の疑い。大泉門膨隆

9、頭蓋底骨折の疑い

10、神経学的所見陽性

11、1歳以下で頭部に5cm以上の打撲痕、腫脹、挫創

12、高エネルギー外傷による受傷機転ないし3m以上の高さからの転落

 

NICEでは上記の1項目でも満たした場合に頭部CTを施行するように推奨している。

ちなみに頭部CTを受けた子供の1000人〜5000人に1人が将来的に被爆による腫瘍を発症して死亡するとの報告もある。

 

関連記事:頭部外傷でCTを取るべきかどうかの適応 - とある研修医の雑記帳

参考文献:Head injury: assessment and early management | Guidance and guidelines | NICE