とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

機能性便秘の診断基準(ローマⅢ)

便秘を主訴に来院する患者にすぐに下剤を投与してはならず、問診により便秘の原因を探る。便秘は器質性便秘、薬剤性便秘、機能性便秘などに分類される。

 

◯器質的便秘:悪性腫瘍(大腸がん)、術後狭窄、炎症性狭窄、ヘルニアなど

◯薬剤性便秘:オピオイド、NSAIDS、抗コリン薬、利尿薬、抗精神病薬、カルシウムブロッカー、などの副作用

◯症候性便秘;妊娠、糖尿病、甲状腺機能低下症、パーキンソン病、アミロイドーシスなど腸管運動を低下させる基礎疾患

◯機能性便秘生活習慣や食物の変化、精神的な要因など 

 

機能性便秘は器質的便秘や薬剤性便秘、症候性便秘が否定されたときに除外診断されるものであるが、機能性消化器疾患の国際的部会でローマⅢという以下の診断基準が提唱されている。

【ローマⅢ:機能性便秘の診断基準】

f:id:tsunepi:20161127100202p:plain

上記の3項目を6ヶ月前から発症し、最近3ヶ月間持続している場合に診断される。

 

---------------------

ちなみに過敏性腸症候群の診断基準は以下の通り。

f:id:tsunepi:20161127100451p:plain

参照:http://www.nakayamashoten.co.jp/bookss/define/pdf/ebn9-3_02.pdf