つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

麻疹でコプリック斑が出現するのはなぜか(メモ)

麻疹では第一臼歯、第二臼歯の対側の頬粘膜にコプリック斑という白い丘疹がポツポツと出現する。このコプリック斑は特異的で8割の麻疹患者に見られることから診断において重要な所見である。コプリック斑はなぜ出来るのであろうか。

 

コプリック斑は病理学的には組織壊死、好中球浸潤、血管新生で特徴づけられる。コプリック斑からは麻疹のウィルスが検出されないことから麻疹に対するアレルギー反応による粘膜障害と考えられている。