読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

吐血による緊急内視鏡の適応

上部消化管出血患者でいつ緊急内視鏡を行うべきか。

 

 それを判断するスコアとしてはBlatchford scoreが有名

【Blatchford Score】参照:lancet.2000 oct 14;356(9238);1318-21

◯収縮期血圧(出血量が多いと当然血圧は下がる)

100〜109mmHg:1点、90-99mmHg;2点、90mmHg未満;3点

◯血中尿素窒素(BUN)(出血すると血液のタンパク成分が消化液で酸化されてBUNが産生される)

18.2〜22.4;2点、22.4〜28;3点、28〜70;4点、70以上;6点

◯Hb(男)

;12.0〜12.9;1点、10-11.9点:3点、10点以下:6点

◯Hb(女)

10-11.9:1点、10以下;6点

◯他のリスク因子(出血が多いと代償的に脈拍は増える)

脈拍100回/min以上;1点、血便;1点、失神;2点、肝疾患;2点、心不全;2点

 合計点数が0点→外来フォローでOK

1〜11点→24時間以内の上部内視鏡施行

12点以上→12時間以内の上部内視鏡施行

この根拠としてはスコアが11点以下であれば緊急内視鏡までの時間は予後に影響しなかったが、12点以上であれば内視鏡までの時間が13時間以上かかると死亡リスクが上昇しているとの報告による。

Urgent endoscopy is associated with lower mortality in high-risk but not low-risk nonvariceal upper gastrointestinal bleeding. - PubMed - NCBI

合計点数が0点であれば入院、緊急内視鏡の適応はなく後日外来での内視鏡検査で問題ない(=予後は悪くならない)。が、内視鏡をすぐに行える環境であればとりあえず消化器内科コンサルしておくのが無難と思われる。