つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

アルコール血中濃度の計算式と意識障害の出現

■アルコール血中濃度の計算式

 

アルコール血中濃度=浸透圧ギャップ✕4.6

=(実際の浸透圧ー計算上の浸透圧)✕4,6

= {(実際の浸透圧)−(2✕Na+グルコース/18+BUN/2,8} ✕ 4,6 

 

*アルコール(エタノール)の分子量は46

アルコールの血中濃度200mg/dl 以上であると傾眠などのが意識障害が出現し始める。200mg/dl以下なのに意識障害があれば他の原因を考えなければならない。

 

 

■アルコール血中濃度と症状(参考)

50-100mg/dl 気分の発揚、陽気、協調運動の障害

100mg/dl - 明らかな運動失調、品行の変化

200mg/dl - 傾眠、嘔吐

300mg/dl - 昏睡、反射の消失、低体温、血圧低下

400mg/dl - 呼吸抑制、心肺停止