つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

リンパ節腫脹の鑑別診断のゴロ:MIAMI

リンパ節腫脹の鑑別

 

f:id:tsunepi:20160827072648p:plain

イラスト参照:http://fhugim.com/?p=2717

 

MIAMI(マイアミ)で覚える

Mmalignancy(悪性腫瘍)白血病、ガン転移、リンパ腫

Iinfection(感染)HIV、結核、麻しん、風疹、性感染症、猫ひっかき病、ライム病、

Aautoimmune(自己免疫疾患)SLE、関節リウマチ、皮膚筋炎、MCTD

Mmiscellaneous(雑多)サルコイドーシス、川崎病、菊池病(壊死性リンパ節炎)

Iiatrogenic(医原性)薬剤性、血清病

 

・頸部や腋窩のリンパ節は1cm以上、鼠径部では1.5cm以上の大きさであれば異常。

・鎖骨上窩リンパ節は触れた時点で異常。

・薬剤性の原因としては以下のものが知られている(ジェネラリストのための内科リファレンス参照)

循環器系(アテノロール、カプトプリル、ヒドララジン、キニジン)

抗菌薬(ペニシリン、セファロスポリン、ST合剤、SP合剤)

抗けいれん薬(フェニトイン、カルバマゼピン、プリミドン)

その他(アロプリノール、金製剤など)