読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

大腸穿孔に大網充填しない理由

大腸穿孔に大網充填しない理由

f:id:tsunepi:20160819224312p:plain

イラスト引用:http://www.med.akita-u.ac.jp/~geka1/03-01.html

 

胃穿孔では大網を充填することで閉鎖を期待できるが、大腸穿孔症例に関して大網充填術を行うことは通常ない。胃の場合組織が分厚いので大網を充填するだけでしっかりと埋まってくれることが多いが、大腸は組織がペラペラと薄いので大網を充填してもすぐに裂けてしまう。また、胃と違い大腸の場合は絶食していても便がどんどんと流れていくので物理的な刺激が大きいのも再破裂しやすい一因となる。

そもそも、大腸穿孔の場合、生体の防御反応として周囲に大網が集まっていることが多く、それにインスパイアされたのが胃穿孔における大網充填術であるようだ。