読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

便秘の鑑別と検査

ER 消化器

【便秘の鑑別】

大腸がん

問診:便秘、血便、体重減少、食欲不振、嘔気・嘔吐

所見:腹部腫瘤、直腸診での腫瘤触知

検査:便潜血、大腸内視鏡

☆50歳以上で大腸内視鏡検査歴のない患者ではスクリーニング目的で大腸内視鏡施行を考慮してもよい。

 

腸閉塞

問診:嘔気、嘔吐の有無、腹部の手術歴、排ガスの停止

所見:腹部全体の圧痛、グル音の局所的な亢進

検査:立位の腹部レントゲン

 

甲状腺機能低下症

問診:皮膚の乾燥、抑うつ、嗄声、体重増加

所見:低体温、浮腫、アキレス腱反射の弛緩相の遅延

検査:TSH↑、FT4↓、CK↑

 

パーキンソン症候群

問診:安静時振戦、小刻み歩行、仮面様顔貌、無動

所見:動作緩慢、固縮、起立性低血圧、姿勢反射障害

検査:MRI、MIBG心筋シンチ

 

脳梗塞後

問診:脳梗塞の既往の有無

所見:神経症状

検査:CT、MRI

→脳梗塞患者では便秘が起こりやすいことを説明、対症療法。

 

高カルシウム血症

問診:食欲経過、多尿、体重減少

所見:脱水、意識障害

検査:血中Ca,PTH

 

薬剤性

問診:最近の薬剤の変更を聴取(抗コリン薬、三環系抗うつ薬、抗ヒスタミン薬NSAIDSなど)

 

過敏性腸症候群

問診:下痢と便秘を繰り返す。腹痛。排便で腹痛は軽減。

 

機能性

問診:排便困難感、硬い便

検査:他の疾患の除外。

→水分摂取や繊維食などでの対症療法。

☆ゴミ箱的な診断であるが原因としてはかなり多い。

☆症状が改善されているかどうか必ず再度外来でフォローする。