つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

CK-MBとトロポニンの違い

スポンサードリンク



CK-MBもトロポニンTも心筋の障害マーカー。それぞれの違いをまとめ

 

CK-MB:

心筋に豊富に存在するが、多臓器にもある。

特異度が低いため(88%)、何度か検査が必要

心筋の障害後、4〜8時間で上昇

12〜18時間でピーク。

発症後24時間で感度は55%にまで下がる。

半減期は短く2〜3日で正常化

 

トロポニンT

・心筋梗塞のマーカーとしては第一選択。

・感度は発作後6時間では50%だが、9〜12時間では感度95%にも達する。

・心筋梗塞後、1週間にわたって陽性(基準値超え)。

・CK-MBより特異性が高い(97%)が、他の原因でも上昇する。例えば心筋炎や心不全などの心臓の病態だけでなく、ショックや熱傷、敗血症などの心臓以外の病態でも上昇するので注意。 

腎排泄なので腎機能低下患者でも偽陽性となる。

 

CK-MBもトロポニンTも発症後6〜8時間経過しないと感度が低い。

つまり来院直後の血液検査で心筋マーカー上昇していなくても「なんとも言えない」

発症直後では冷感、血糖上昇、リンパ球上昇が診断のヒントとなりうる。

 

■ちなみに・・・

・典型的な胸痛発作

・ST上昇

・心筋障害マーカーの上昇

このうちの2つを満たせば心筋梗塞と診断できる。血液検査をまたずに循環器コンサルが必要。