つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

溶連菌咽頭炎の治療で抗菌薬10日間必要な理由

スポンサードリンク



溶連菌咽頭炎の治療で抗菌薬投与10日間必要な理由

 

【溶連菌咽頭炎とは】

急性咽頭炎は細菌性とウィルス性に分けられる。80-90%がウィルス性と言われており抗菌薬の必要がないが、残りは細菌性の咽頭炎である。細菌性とウィルス性の鑑別、そして不必要な抗菌薬投与を防ぐための方法としてcentor criteria(センタースコア)が有用。

 細菌性の場合ほぼ全例A群β溶連菌(≒化膿性レンサ球菌)が原因と言われていて、培養せずに溶連菌迅速検査で咽頭をこするだけで調べることが出来る。

 

【溶連菌咽頭炎の治療は10日間と長い】

 治療例としてはサワシリン®(アモキシシリン)1回500mgを1日3回、10日間処方。多くの場合抗生剤は著効し、咽頭痛などの症状は2〜3日で速やかに改善するが、その後もしっかりと内服を続けなければならない。溶連菌咽頭炎の治療の目的は有症状期間の短縮だけでなく、続発症の予防の観点からも重要である。

感染後1〜5週間の経過で急性糸球体腎炎、リウマチ熱、リウマチ性心疾患などを合併することがあり、これらは感染によって作られる抗体の交差反応による自己免疫学的な機序が原因として考えられている。

急性糸球体腎炎では免疫複合体が腎臓の糸球体に沈着し、乏尿、血尿、蛋白尿などの症状を呈する。

リウマチ熱は主に17歳以下の小児に発症し、溶連菌のMタンパクに対して作られた抗体が、構造の似ている心筋にも結合してしまい、感染を繰り返すことで心臓弁膜症を引き起こしてしまう。

 *ちなみにペニシリン系抗生剤を10日間服用しても15%の症例で菌が残存してしまうという報告もある…。