つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

頭蓋底骨折の所見と症状

頭蓋底の骨折は起こりやすい場所が決まっている

・前頭蓋窩の篩板

・中頭蓋窩のトルコ鞍

・中頭蓋窩から後頭蓋窩にまたがる側頭骨

・後頭蓋窩の後頭鱗部

・視神経管骨折(広義の頭蓋底骨折)

などなど

f:id:tsunepi:20160801044541p:plain

http://www.i-l-fitness-jp.com/comment/ta/chi-middle-cranial-fossa.html

 

前頭蓋窩の篩板の骨折

・篩板(しばん)とは篩(ふるい)のように薄い構造物

・嗅覚障害(嗅神経の通路)

・髄液鼻漏

・パンダの目サイン(骨折部から滲みでた血液が皮下組織を経由して眼窩周囲に貯まる)

 

 

関連記事

tsunepi.hatenablog.com

 

側頭骨の骨折

【縦骨折】

外耳道からの出血

髄液耳漏

伝音性難聴(側頭骨錐体部には聴器がある)

バトルサイン(錐体部は斜め後ろで側頭骨乳頭突起に移行sるうが、ここまで出血が及ぶと耳介後部に皮下出血が起こり黒くなる=battle徴候)

 【横骨折】

感音性難聴(内耳が障害を受ける)

顔面神経麻痺

 

視神経管骨折

・眉毛の外側の外傷で起こりやすい

・視神経管は狭い所を視神経が通っており、受傷直後から視力障害

・直接対光反射消失。動眼神経は正常なので間接対光反射は認められる

・骨折線はRhese法という特殊なX線撮影でしかわからない。

・緊急で手術(視神経管開放術)