とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

筋トレをすると禿げるのは何故か

筋トレをするとハゲるのは何故か

 

・筋トレをすると男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌が亢進する。

・アンドロゲンは精巣で95%作られ、副腎で5%作られる。

・アンドロゲンの役割は筋力の増強、性欲の亢進、内臓脂肪の抑制、集中力の増加など。

・アンドロゲンは所謂男らしさを担っているホルモンでこれ自体に害はない、というより無くてはならないホルモンであるが、5αリダクターゼによって変換されてDHTになると薄毛の原因になってしまう。

 

・構造式は以下のとおり。

f:id:tsunepi:20160731215442p:plain

 

・髪の毛の根っこの毛乳頭細胞には何故かテストステロン受容体が存在しており、体内で作られたDHTと結合する。テストステロン受容体は刺激を受けると毛髪の育つサイクルを短くしてしまい、短期間で毛が抜けるようになってしまう。

 

・が、筋トレをした人全員がハゲるわけではない。DHTとアンドロゲン受容体の結合しやすさ、そしてアンドロゲン受容体の発現量は遺伝的に決まっているので毛乳頭細胞にアンドロゲン受容体が少ない人はいくら筋トレしても禿げない。アンドロゲン受容体が毛乳頭細胞に大量に存在する人は筋トレしてもしなくても若くして禿げるという元も子もない話もある。

 

・尚、DHTだけが悪者というわけではない。アンドロゲンもアンドロゲン受容体に結合する。が、体内で産生されたアンドロゲンは末梢組織で速やかにDHTに変換されるので事実上体内で良くも悪くも影響を与えている男性ホルモンはほぼ全てがDHTである(骨格筋細胞では例外的に5αレダクターゼがないのでアンドロゲンのまま作用する)。