とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

糖尿病重症化で下肢切断となる理由

糖尿病重症化で下肢切断となる理由

 

糖尿病の合併症として足病変がある。糖尿病足病変の定義は「神経障害や末梢毛血流障害を有する糖尿病患者の歌詞に生じる感染、潰瘍、深部組織の壊死性病変」と定義されている。

 

足病変の原因は神経障害、血流障害

感覚神経が障害されると、健常人なら気づく怪我でもDM患者では気づかずに悪化させやすい。自律神経の障害が起こると発汗能力が低下し、皮膚の乾燥や亀裂が入りやすくなり、外部から感染を引き起こしやすくなる。

そして血流の低下により酸素・栄養が末梢に届きにくくなるので傷が通常よりも治りにくくなる。また、動静脈シャントが形成により末梢血管に血流が行かなくなり水疱形成を起こしやすくなる。皮膚の損傷や潰瘍は悪化すると筋肉に広がり壊死性筋膜炎、骨に広がり骨髄炎を起こしうる。

予防・治療

壊死組織のデブリドマン、免荷、血小板や抗凝固薬などの薬物療法、感染があれば抗菌薬、そして厳格な血糖コントロール。まずは重症化しないように早期発見・予防的フットケアすることが重要。