つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

心電図T波増高の定義と原因

心電図T波増高の定義と原因

 

◯T波とは

T波とは心室の再分極を意味する心電図波形であるが、高カリウム血症などではこのT波の増高が見られる(=テント状T波)。T波は正常であれば1.2mV以下、もしくはQRSの高さの半分以下。

T波増高の定義は四肢誘導では0.5mV以上の基線からの上昇、胸部誘導では1.0mV以上の基線からの上昇

 

◯T波増高の原因

1、高カリウム血症

→血中カリウムの基準値は3.5〜5.0mEq/Lであるが5.5以上でT波の増高が見られる。6.5以上でQRS幅の延長、7.0以上でP波の振幅減少となる。原因としては腎不全や熱傷や溶血など。多くの誘導でT波の増高が見られる。

2,心筋梗塞の急性期

→急性心筋梗塞ではST-T上昇の前にT波増高が見られることがある。胸痛など伴っていれば確定的。また高カリウム血症と違い一部の誘導でT波の増高が見られる。

3,完全左脚ブロック

→典型的にはV1誘導でrSまたはQR型、Ⅰ、V6誘導で幅広い分裂した陽性R波もしくは結節を認めるR波が出現する。

4,容量負荷による左室肥大

→T波増高以外にも左室高電位(QRS波の増高)、興奮時間の延長(QRS幅の延長)が認められる)

 

ER的に重要なのは高カリウム血症と心筋梗塞の除外。

 

 

f:id:tsunepi:20160619122350p:plain

正常心電図波形

 

f:id:tsunepi:20160619122607p:plain

高カリウムの心電図http://www.ecg-cafe.com/cat2/2-21

 

 

 ちなみに高カリウム血症ではテント状T波波の他にP波の消失、QRSの増大も特徴的な所見である。語呂合わせに興味のある方は過去記事参照。

tsunepi.hatenablog.com