つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

輸液の必要量はどう決まるか

スポンサードリンク



輸液の必要量はどう決まるか

 

【健常者ににおける水分のinとoutバランス】

健康的な成人男性であれば水を1500ml、食事からの水を1000ml取る。それに加えて体内での代謝反応によって生成される代謝水(H2O)が200mlほど。トータルで考えると2700mlの水が1日に体内に入ることになる。

 

ではoutはどうであろうか。

大雑把に言えば汗で300mlほど、また呼気中から出て行く水の蒸発分などの不感蒸泄で900ml。更に便に含まれる水が100mlでこれらを合計すると1300mlとなる。

尿量というのは上記のinとoutのバランスを保つように出るので2700-1300=1400mlということになる。

 

【絶食入院患者での水分のinとout】

 

入院患者で絶飲食の方がいるとする。いったいどれだけ輸液をすればよいのだろうか。

上の健常者での考えをそのまま使えば良い。

絶飲食であればinは水分0、食事からも0となるので体内に入る水は代謝によってできる代謝水は200mlだけである。

一方で、食事をしなければ便も出ないので便からの水のoutは0となる。また、平熱であれば汗もないので0。ただ呼気からの不感蒸泄は残って900ml出る。

 

整理すると

in=水(0)+食事(0)+代謝水(200)+輸液(?)

out=尿量(?)+便(0)+汗(0)+不感蒸泄(900)

となる。inとoutは等しい値になることを考えれば、輸液を入れればいれるほど尿量も増えるという極単純な結果になる。ただポイントとしては、人間は体内で作られた老廃物を排泄するためにいくら濃縮しても最低500mlの尿は出さなければならない(高齢者など濃縮力の低い人であれば1000〜1500mlは出したい所)。

尿量を1000~1500mlとして上の式に当てはめると輸液量は1700〜2200ml必要ということになる。