つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

Oppenheim手技とは何か(+動画)

オッペンハイム手技とは:頸骨の内側縁を親指の腹で上から下の方にそっていく方法である。これは錐体路障害を検出するための方法であり、錐体路(上位運動ニューロン)に異常があれば下のイラストのように足の指(特に親指)が背屈する。錐体路障害の検出として最も有用(感度が高い)のはバビンスキー反射やチャドック反射であるが、不快感を訴え実施しにくい場合などはオッペンハイム手技を補助的に用いる。

 

f:id:tsunepi:20160511051346p:plain

イラスト参照*1

 

youtubeでオッペンハイム陽性の動画を紹介します。

 

www.youtube.com