つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ホフマン反射とトレムナー反射の違い(+動画)

ホフマン反射とトレムナー反射の違い

 

共に病的反射の一種であり上位運動ニューロン(錐体路)が障害されると出現する。病的反射はこれらの他にもバビンスキー反射やチャドック反射がある。最も感度が高い病的反射はバビンスキー反射でありスクリーニングとしてよく用いられる。錐体路障害が疑われる患者では他の病的反射も併せて調べられる。

 

ホフマン反射の方法:

患者の中指の先を弾くと健常者では何も起きないが、錐体路障害があると手指、特に母指のすばやい屈曲が起こる。病的反射の中では閾値が最も高いために健常人で見られることはほとんどない。

f:id:tsunepi:20160505204441p:plain

イラスト参照*1

 

 

トレムナー反射の方法:

患者の中指を手のひら側から強く弾くと健常者では何も起きないが、錐体路障害があると母指が屈曲する。

f:id:tsunepi:20160505204637p:plain

イラスト参照*2

 

 

 

 

■ホフマン反射陽性の動画をyoutubeより2つ紹介

 


Hoffman's sign positive

 


Hoffman's reflex