読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

白色皮膚描記症と赤色皮膚描記症の違い

白色皮膚描記症と赤色(紅色)皮膚描記症の違い

 

皮膚をこすった時に、こすった場所に白い線が出来れば白色皮膚描記症、赤い線が出れば赤色皮膚描記症。

 

白色皮膚描記症の原因として有名なのがアトピー性皮膚炎である。これは血管反応の異常でありひっかくという機械的な刺激に対して血管が収縮してしまうために起こる。血管が収縮すると当然血流が低下するのでその部位は白く見える。

 

一方で、赤色皮膚描記症の原因としては蕁麻疹が代表的。蕁麻疹では機械的刺激により肥満細胞からヒスタミンが分泌され、血管が拡張するために引っ掻いた場所では皮膚が赤くなる。

 

 

f:id:tsunepi:20160325101559p:plain

赤色皮膚描記症の写真*1

 

f:id:tsunepi:20160325101840p:plain

白色皮膚描記症の写真*2