とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

シングルバブル、ダブルバブル、トリプルバブルサインの違い

シングルバブル、ダブルバブル、トリプルバブルサインの違い

 

シングルバブル、ダブルバブル、トリプルバブルサイン、これらはいずれも消化管の閉鎖、狭窄によって出現するレントゲン状の所見である。紛らわしいので整理。

 

Single bubble signとは:肥厚性幽門狭窄症のレントゲン撮影の所見である。

肥厚性幽門狭窄症の臨床症状として、非胆汁性の噴水様嘔吐が特徴的。

f:id:tsunepi:20151126205552p:plain

 

http://meddic.jp/single_bubble_signより引用

 

 

double bubble signは十二指腸閉鎖症で見られる。

先天性消化管閉鎖症の中で最も多く、特にダウン症に多い。

臨床症状としては生直後より胆汁性嘔吐。

f:id:tsunepi:20151126205621p:plain

http://www.radrounds.com/photo/double-bubble-1?context=latestより引用

 

 

Triple bubble signとは空腸閉鎖で見られる。

先天性の小腸閉鎖疾患であり、腹部膨満、胆汁性嘔吐が生後24時間以内にみられる。

f:id:tsunepi:20151126205641p:plain

http://www.radrounds.com/photo/triple-bubble-sign-1より引用