読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

反復流産と習慣流産の違い

 自然分娩における流産の頻度はおよそ15%と言われているが、単純に掛け算をすると2回流産をする確率は15%×15%=2.25%であり、3回連続流産をする確率は同様に計算して0.34%となる。2回流産を繰り返すと反復流産、連続3回以上の自然流産を繰り返した状態を習慣流産という。

 実際には反復流産するカップルはおよそ2〜5%、習慣流産は1〜2%いることがわかっている。よって流産を繰り返す妊婦は「たまたま運が悪い」というよりも何らかの基礎疾患があると考えるのが妥当である。習慣流産の主な原因としては染色体異常、子宮奇形、抗リン脂質抗体症候群などがある。

 

*因みに「不育症」とは反復流産と近い概念であるが、不育症には繰り返す死産も含まれるので反復流産よりも広い概念である。