とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

肝不全でフィッシャー比が低下する理由

劇症肝炎あるいは肝硬変などの慢性肝疾患によって肝臓の機能が低下し、肝不全の状態になるとアミノ酸の分解が正常に行えなくなる。

 

アミノ酸には

芳香族アミノ酸(トリプトファン、フェニルアラニン、チロシンなど)と

分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシンなど)

 の二種類がある。

肝機能が低下するとアミノ酸の中でも異化しにくい芳香族アミノ酸の分解が遅れる。すると分岐鎖アミノ酸は分解されて減少するが、芳香族アミノ酸は分解が遅延して溜まってしまうということになる。

それを比率で表したものがフィッシャー比=分岐鎖アミノ酸/芳香族アミノ酸

である。肝不全では当然フィッシャー比は低下する。