読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

肝性脳症でラクツロースを用いる理由

薬理 消化器

肝性脳症とは高度の肝臓障害により意識障害、羽ばたき振戦などを始めとした様々な精神症状をきたす症候群である。劇症肝炎や肝硬変が主な原因。

 

【肝性脳症の病態】

肝機能が正常であれば、腸管から吸収された毒素を解毒することができるが、肝機能が低下している場合、あるいは門脈と体循環系にシャントがあり肝臓による解毒が行われない場合はアンモニア等の毒素が全身をめぐり中毒症状を引き起こしてしまうのである。

 

肝性脳症の治療薬としてラクツロースが用いられるが、その作用機序はいかに。

ラクツロースとはガラクトースとフルクトースからなる合成二糖類であり、これを経口投与すると腸内細菌によって乳酸に分解される。乳酸は酸性物質であるのでH+を提供し、腸内細菌叢が作り出したアンモニアNH3と結合してアンモニウムイオンNH4+となる。NH4+はアンモニアと異なり細胞膜を通過できないために消化管から吸収されずに便として排泄される。よってラクツロースは肝性脳症の原因物質の1つであるアンモニアの吸収を抑制することができるのである。