つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

偏性嫌気性菌と通性嫌気性菌の違いと覚え方

偏性嫌気性菌と通性嫌気性菌の違いと覚え方

 

嫌気性菌は文字通り、空気を嫌っている細菌であるが偏性と通性の2種類の細菌に分けることができる。偏性嫌気性菌は酸素が嫌いどころか、酸素があると死んでしまうタイプの嫌気性菌である。これは細胞内で酸化還元反応が行われた際に生じるO2-や過酸化水素などの過酸化物を処理する代謝酵素(カタラーゼやスーパーオキシドジスムターゼ)を持たないため、これらがDNAやタンパク質にダメージを与え、細胞を殺してしまうからである。
一方で酸素があってもなくてもよいという通性嫌気性菌である。酸素が存在すれば好気的呼吸(クエン酸回路、電子伝達系)でエネルギーを産生するが、酸素がなくても解糖系と発酵によってエネルギーを得ることのできるタイプの菌である。


語呂合わせ

偏性嫌気性菌の覚え方:
反省して手をウォッシュしてもボツリヌス発症して爆弾テロ

反省:偏性

ウォッシュ:ウェルシュ菌

ボツリヌス:ボツリヌス菌

発症:破傷風

爆弾テロ:バクテロイデス

 

 

通性嫌気性菌の覚え方:

大敗因はプリペイドで赤字、びっくりさせられた。

大:大腸菌

敗:肺炎桿菌

因:インフルエンザ菌

プリ:プロテウス

ペイド:ペスト

赤字:赤痢菌

びっくり:ビブリオ属(コレラ、腸炎ビブリオ)

さ:サルモネラ属(腸チフス、パラチフス)

せられた:セラチア