読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

分娩時の大量出血でsheehan症候群となる機序

分娩時の大量出血でsheehan症候群となる機序

 

妊娠すると下垂体の大きさは2倍ほどにも大きくなり、それゆえ多くの血液が集まる。そこで分娩時に大量出血を起こしてショック状態となると、下垂体への血液量は相対的に低下し、組織が壊死することにより下垂体の機能が低下してしまう。

よって妊娠していない人がショックになってもシーハン症候群とはならない。また、分娩時は出血を抑えるために凝固系が亢進しているのも手伝って、ショック時には下垂体の血管がスパズムを起こしてより血栓が形成されやすくなっている。

シーハン症候群の治療の基本はホルモン補充療法。