つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

無気肺の分類と原因

無気肺の分類と原因

 

無気肺とは何か

無気肺とは何らかの原因で肺葉や肺区域内の含気量が減少した状態をいう。肺の一部が無気肺になると代償的にほかの肺が過膨脹し、正常構造の偏位が起こる。

 

無気肺は原因によって大きく4つに分類される。

1:閉塞性無気肺
肺ガンや異物などによって比較的中枢部の気管支が物理的に閉塞することによって起こる。(癌、喘息、異物、気道分泌物、術後など

 

2:圧迫性無気肺
肺実質が周囲から圧迫されて肺の含気量が低下したもの
(胸水、癌、緊張性気胸など

 

3:粘着性無気肺
サーファクタントが低下して肺胞が虚脱する
(ARDS,IRDS,肺水腫など

 

4:瘢痕形成性無気肺
間質の炎症や繊維化によって肺の含気量が低下したもの
(肺繊維症、気管支拡張症など