読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

胃全摘後に胆石症をきたしやすい理由

なぜ? 消化器

胃全摘後に胆石症をきたしやすい理由

 

f:id:tsunepi:20150420220922p:plain

 

胃全摘後は胆石症をきたしやすいと言われている。
胃全摘の際に胃と併走する迷走神経が切離されるため、胆嚢収縮能力が低下し、胆汁組成の変化や胆汁鬱帯傾向が生じて胆石症となると考えられている。また、胃が無くなると異物が食道から十二指腸に直接行くことになり、胆道感染症の発生率が上昇し、これによりビリルビンカルシウムの析出がおこり胆石の原因ともなる。胃切除後に胆石症を発症する割合は15%ほど。