読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

褐色細胞腫に造影CTが禁忌の理由

なぜ? 代謝内分泌

褐色細胞腫に造影CTが禁忌の理由

 

褐色細胞腫とは副腎髄質細胞や傍神経節細胞などから発生する腫瘍でカテコールアミンを過剰に分泌して高血圧、代謝異常などを示す疾患である。部位診断としてCT、MRI、副腎シンチグラフィなどが用いられるが、造影剤は禁忌となっている。ヨード造影剤はカテコールアミン分泌をさらに刺激し、高血圧発作を誘発するからと説明されている(非イオン性造影剤では発作リスクは低いようであるが)。