とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

フーバーズ徴候がCOPDで見られる機序

フーバーズ徴候がCOPDで見られる機序

 

COPDではHoover'ssign(フーバーズサイン)と呼ばれる身体所見が認められる。これは吸気時に胸郭下部の肋間部が外側ではなく、奇異性に内側に移動する現象である(正常の反対側)。これはCOPDによる肺の過膨脹によって横隔膜が下に追いやられて動きが制限されているので、呼吸補助筋を用いて呼吸運動をしようとするもの。軽症では認められないが、重症化すると高頻度で認められるようになる。

 

youtubeに動画がありました


hoover.sign.non.obstructive.wmv - YouTube