つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

睡眠時無呼吸症候群で心不全になる機序

睡眠時無呼吸症候群で心不全になる理由


睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは睡眠時に10秒以上の呼吸停止が1時間に5回以上みられる症候群。睡眠時にいびきが目立ち、また睡眠が浅いことから昼間に傾眠傾向となる。無呼吸の状態が継続すると、低酸素血症、高炭酸ガス血症そして夜間の頻回の覚醒をもたらす。それが循環系に負担をかけ、血圧変動をもたらし、しばしば心不全の原因となる。