読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

鉄欠乏性貧血の治療で鉄とビタミンCを同時投与するのはなぜ?

なぜ? 血液

鉄欠乏性貧血に鉄剤とビタミンCを同時投与するのはなぜ?

 

f:id:tsunepi:20150113194656p:plain

鉄欠乏性貧血とは文字通り鉄が不足することにより赤血球のヘモグロビン合成が低下してしまう病態であるので、治療として鉄剤の投与が行われる。鉄は生体内でFe2+とFe3+の形で存在するが、Fe2+(還元型)の方が体内に吸収されやすいため、抗酸化剤であるビタミンCを一緒に投与するのである。通常3ヶ月以上投与して貯蔵鉄を反映するフェリチンが正常値になるまで続ける。