読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

セロコンバージョンとは

セロコンバージョン(seroconversion)について

 

ある抗原が陰性化し、抗体が陽性化すること。特にHBe抗原が陰性化し、HBe抗体が陽性化することを指す。一過性肝炎を伴い、セロコンバージョン後にはHBV量が低下し、感染性も低下、肝病変の改善をみる。HBe抗体だけでなく、HBs抗原の陰性化、HBs抗体の出現の際にもHBsのセロコンバージョンと称される。[イヤーノートより抜粋]

 

一方で、HB抗原が陰性化してなおかつHB抗体も陽性にならずに陰性の状態をセロネガティブ(seronegative)という。

 

HBVのメカニズムとしては、HBVが免疫系の攻撃を受けて自分のDNAを変異させてしまうことにより、ウィルスは活動性を失い無症候性のキャリアとなる。しかし、セロコンバージョンをおこした後も再び肝炎を再発してしまう可能性がある。これはHBVに別の変異がおこり、再度増殖能力を獲得してしまうからと考えられる。1度セロコンバージョンをおこした後でも定期的なフォローが必要とされている。