つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

持続的気道陽圧法、PEEPとは何か

スポンサードリンク



持続的気道陽圧法、PEEPとは何か

 

ARDSの時には持続的気道陽圧法(CPPV)、別名(*PEEP)を行わなければならない。ARDSでは好中球による毛細血管内皮傷害により血管透過性が亢進し、肺水腫が起こる。すると肺胞内の表面張力を下げるサーファクタントの濃度が薄まってしまい、肺胞が虚脱状態になる。

 

*PEEPとはpositive end-expiratory pressure(呼気終末陽圧換気)の略である。これはつまり呼気時にもわずかな陽圧を残した状態で吸気を開始させるという意味

 

ふつうの陽圧式人工呼吸器では、吸気時に圧をかけて肺胞を膨らませ、呼気時には圧を付加しない。すると呼気時には肺胞内の圧が低下してしまうが、肺サーファクタントの分泌するサーファクタントにより肺胞は虚脱しない。このため正常なガス交換を行うことができる。

 

一方、ARDSや肺水腫といった状態では肺サーファクタントが減少しているために呼気時に陰圧となって肺胞が虚脱してしまう。1度虚脱してしまうと、吸気時に圧をかけても膨らまなく、また圧をかけ過ぎると肺損傷の原因となってしまう。よってARDSや肺水腫の患者には通常の人工呼吸器は用いない。

 

そこでPEEPをかけた人工呼吸を行えば、呼気時にもわずかなの圧をかけるためにサーファクタント不足な肺胞でも虚脱せずにすみ、吸気時に再度圧をかければ肺胞が再び膨らんでくれる。また、PEEPでは吸気時の圧を弱めにしているのでトータルの換気量が少なくなり肺胞の負担を減らして組織傷害を増悪させずにすむ。