つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

吸気性喘鳴と呼気性喘鳴の違い

吸気性喘鳴と呼気性喘鳴の違い

 

上気道では吸気時に喘鳴が聞こえ、下気道では呼気時に聞こえるのはなぜか。

 

呼気の時、胸郭が縮む。気道の末梢は胸郭の中にあるので呼気時には圧がかかって胸郭の中の気道が狭くなる病変がある時は呼気により狭くなってその症状だけ目立つ。

一方、上部の気道は胸郭の外にある。吸気時は胸郭内が陰圧になる→気道が中に引っ張られる。胸郭外の気管に病変がある場合、吸気時によけい狭くなる。

ポイントは病変部位が胸郭の中なのか、外なのかで決まるということである。