つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

クインケ徴候とは何か

クインケ徴候について

 

クインケ徴候とは小動脈の拍動のこと。爪の先を軽く抑えると、赤い部分と白い部分に別れ、この境目をじっくり見ると、白と赤の境目が拍動に合わせて動くのがわかる。これはQuincke徴候と呼ばれ、小動脈の拍動を意味している(従来は毛細血管の拍動と言われていた)。正常ではわかりづらいが、大動脈弁閉鎖不全症や動脈管開存症など速脈のある疾患ではよく見られる。