つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

hering-breuer反射のメカニズム

スポンサードリンク



下気道や肺には肺の進展を感知する伸展受容体が存在する。伸展受容体は、肺の膨張を感知すると迷走神経を介して延髄背側にある吸息ニューロンを抑制するニューロンを興奮させる。このように気道壁の伸展変化によって吸息活動を抑制し、呼息への切り替えを行う反射をhering breuer(ヘーリング・ブロイヤー)反射と呼ぶ。この反射は一回換気量が増大した時に肺の過膨張による損傷を防ぎ、また呼吸リズムの発生に役だっている。