つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

酸化マグネシウム(MgO)の作用機序

■酸化マグネシウムの作用機序

酸化マグネシウムは塩類下剤の一つとして用いられる。MgOは胃酸HClと反応してMgCl2となり、小腸で炭酸塩MgCO3になる。これは吸収されにくいため、浸透圧維持のため腸管から水が移行してくるのである。その結果、腸管内容を軟化増大し、その刺激により通便促進効果をもたらす。

 

その他にも、胃酸を中和することで制酸作用などがある。