つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

鞍鼻とは何か、その原因

スポンサードリンク



鞍鼻とは鼻すじが落ちこんで、低くなった状態のことをいう。鼻中隔に病変が及び、壊死が起きると鼻の構造が保てなくなり、鼻背部がくぼむ。鞍のように見えるために鞍鼻と呼ばれる。

 

大部分は、外傷でおこり、顔面をけがしやすいボクサーに見かけられる。以前は梅毒によるものが知られていましたが、現在ではウェゲナー肉芽腫症など膠原病でよく見られる。

 

ウェゲナー肉芽腫症とは…C-ANCAが高率で検出される、全身性血管炎を遠なう肉芽腫形成疾患である。鼻咽腔から気道、肺、腎臓に進行性の壊死性血管炎と肉芽腫を生じる。