つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

グリチルリチンの作用機序

スポンサードリンク



グリチルリチン製剤とは肝庇護薬の一種。(元々は甘草に含まれていた成分)

 

11β水酸化ステロイド脱水素酵素の阻害により、糖質コルチコイドが鉱質コルチコイド受容体に親和性を持つようになる。炎症性ケミカルメディエーターの産生に関わる酵素が阻害されることが知られていて、強力な抗炎症作用を示す。

適応は肝機能障害(肝炎やアレルギー性疾患)

 

 

f:id:tsunepi:20140427152824p:plain

 

鉱質コルチコイド様作用を示す。 

副作用として血圧の上昇や低カリウムが知られている。