つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

不均衡症候群とは

不均衡症候群とは血液透析の合併症の一つである

 

血液透析によって体内の小分子が急激に除去されることにより血症の浸透圧が低下し、水分が血管から脳組織の方に移行し、脳浮腫の症状が現れてしまう。初回の透析時や急速に透析を個なった場合に起こりやすい。透析導入時に緩徐な透析を繰り返し実施することによって防止可能である。また、濃グリセリンなどの浸透圧物質の投与でも防ぐことができる。症状としては血圧の低下や全身のだるさ、不整脈、脱力感、足に起こるこむらがえりなどがある。