つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

高カリウム血症にグルコン酸カルシウムが用いられる理由

スポンサードリンク



グルコン酸カルシウムは細胞膜の安定性を増し、不整脈を予防する。重度の高カリウム血症の緊急時に用いる。血清カリウム値を下げるわけではなく、効果の持続時間は短いので他の治療法を併用することが必要。

 

 

高K血症では細胞が興奮しやすいが、カルシウム値をあげることで膜の閾値をあげ、いわば心筋細胞膜安定化作用がある。