つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ネフローゼで高脂血症になる理由

血液中のアルブミン濃度が下がると、肝臓はそれを補うためにアルブミンの合資を活発に行い、それに伴いLDL,VLDLの合成量も上昇するから。

故にネフローゼ症候群の患者は高脂血症となり、糸球体から濾過される脂肪成分が増加する。尿細管上皮細胞が濾過された脂肪成分を過剰に再吸収すると脂肪変性をきたし、脱落し卵円形脂肪体を形成する。卵円形脂肪体が尿細管腔内で崩壊すると、細胞内の脂肪滴が遊離して脂肪円柱が形成される。