つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

IgA腎症の治療に抗血小板薬を使う理由

IgA腎症などの糸球体腎炎の進展・増悪には血小板が関与していると言われている。治療効果として蛋白尿減少や腎機能の改善が報告されている。しかしながらこれらの観察期間は6ヶ月と短く抗血小板薬の長期投与による効果は明らかでない。