つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

中心静脈圧(CVP)とはなにか

スポンサードリンク



中心静脈圧(CVP)とは右房内圧もしくは胸腔内の上下大静脈の圧力のこと。宇出津のポンプ作用を反映する。正常値は5〜10cmH2Oである。

 

中心静脈圧は右心カテーテルを行わなくても、中心静脈ライン確保のみで簡便に測定でき、また異常値を示すことにより病態を把握することも可能である。

例えば

CVP上昇…

循環血液量上昇

右心不全(静脈うっ血)

心タンポナーデのような心拡張拡張障害

 

CVP低下…

循環血液量の低下(出血、脱水など)

 

というようなことがわかる。