つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

手術着が青いのは何故か。陰性残像とは?

スポンサードリンク



手術着が青い理由

医者というと白衣を着ているイメージがあると思うが、手術の際は青色の手術着を着る。
これには科学的な理由がある。

術者は手術中に赤い血や臓器などをずっと見ているわけであるが、ずっと赤色のものを見ていると、網膜の赤色に対する感受性が下がり、その反対側の色(補色)である青や緑に対する感受性が高まるのである。
すると、顔を上げて白いものを見たりするとそれが青緑がかってみえてしまう(これを陰性残像という)。

そういう残像を防止するために手術着を青色にしておくのである。もしも白衣だとしたら青色に映ってしまって精神的な疲れも増してしまうだろう。