つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

焼酎と本格焼酎の違い

スポンサードリンク



焼酎と本格焼酎の違いとは

焼酎は酒税法によって甲類焼酎と乙類焼酎の二つに分けられている。

甲類焼酎とは・・連続式蒸留機によってアルコール含有物を蒸留したものでアルコール度数が36度未満のものを言う。
乙類焼酎とは・・・単式蒸留機によってアルコール含有物を蒸留してアルコール度数45度以下にしたものを言う。

甲類焼酎は何度も何度も蒸留を繰り返し、原材料の持つアルコール以外の風味や香り等がなくなり、純粋なアルコールだけが残ったものである。

乙類焼酎は単式蒸留機で一回だけ蒸留したものなので、もともとの原材料の味わいが大きく残ったものである。例えば麦焼酎や芋焼酎と言ったものは酒税法的には乙類に分類されるものである。乙類焼酎の方は本格焼酎と呼ばれる事もあり、味わいを求めるのならこちらであろう。一方で甲類焼酎はそこにレモン等の果汁等を加える事によってチューハイにして飲まれる事が多い(チューハイとは焼酎ハイボールの略)。