つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

twitterなどで見かける短縮URLの仕組み

スポンサードリンク



twitterなどで見かける短縮URLの仕組みを調べてみた。


短縮URLサービスは好きなURLを入力するとサービス内に本来のURLと短縮URLをマッチングさせたデータベースが出来て、誰かが短縮URLをクリックするとサービス内のデータベースから本来のURLがリダイレクトされることを利用しているらしい。

これがあることによって字数の少ないtwitterなどでも大変見やすく表示する事が可能になっている。最初僕は何か特殊な暗号化などによって実現しているのかと漠然と思っていたが使える文字数(アルファベット)が増える訳でもないのでそんなはずは無かったのである。

また、短縮URLはあくまでサービスであるのでその会社やホームページがそのサービスを終了してしまうと変換したURLも無効になってしまうので注意が必要である。